老後の生活と住まいの環境について考えよう | 今私はまだ学生ですが老後の生活はどこでどう過ごすのかを考えています

マンション

「分譲・持家」を買うより賃貸が気が楽

赤色の家

サラリーマンとして勤める身分であるならば、自分のマイホームを持ちたいと思うのは自然な形だとは思います。しかしよくよく考えてくれぐれも準備は万端でなければなりません。
何しろマイホームはサラリーマン人生をかけて買わなければ買えないような大金がいりますからね。
そこで注意しておきたいのは、不動産業者の公告チラシですが、決して丸呑みは禁物です。どこかにヌケ、モレが隠されているケースが結構見受けられるからです。目にとまらない費用に気を付けないと大変なことになってしまいます。その目に見えない費用について、ここで整理してみます。1.不動産契約時・印紙税、仲介手数料 2.登記関係・登録免許税、司法書士報酬 3.ローン契約関連・ローン手数料、融資保証料、印紙税、団体信用生命保険料 4.保険関係・火災保険、地震保険、家財保険 5.不動産取得税などがあります。
実はこのような費用は不動産業者のチラシには抜け落ちていることが多いのが現実です。
こうした費用は頭金等から別途の費用ですからね。大体ですが、物件価格の5%から10%
位は覚悟すべしと言っておく方がいいでしょう。これらの費用は基本的に自己資金で用意せねばなりませんが、見落としが少なからずあるんです。
一方賃貸であれば、初期投資は殆ど要らずにしかも維持費用は、大半が大家さん持ちです。
長期の住宅ローンに拘束されないで、自由で気楽な人生を送るならばやはり賃貸にならざるをえなくなるのです。

Pick Up

「分譲・持家」を買うより賃貸が気が楽

サラリーマンとして勤める身分であるならば、自分のマイホームを持ちたいと思うのは自然な形だとは思います。しかしよくよく考えてくれぐれも準備は万端でなければな…

僕の掲げる老後の生活

今私はまだ学生ですが老後の生活はどこでどう過ごすのかを考えています。 まず私の場合は老後は基本的には生まれ故郷に…

住まいの展開図の見方について

展開図とは、部屋ごとについて、壁面を1面ずつ内部から表した図面のことを言います。一般に、1つの部屋について、北面から東面、さらに南面、西面と、時計回りの順…

Menu

TOP